地味だけど性に合う仕事

現在フリーのwebデザイナーとして働いています。webデザイナーは、一日中机に向かって作業をする仕事で、とても地味な仕事です。最近、私の仕事がテレビドラマになっていました。とても地味な仕事としてドラマでは描かれていました。ドラマなので一般的な感覚で描かれているのだと思いますが、一般的な感覚からすればwebデザイナーは地味だと思われている仕事なんだな、とあらためて思った次第です。
以前は違う職種をやっていました。いわゆる営業職です。とにかくアタックをかけて成約を狙っていました。あまり楽しいなと思ったことはありませんでした。成績にも表れていました。同期に比べて営業成績が悪かったのです。とにかく雇って貰ったからには頑張ろうと考え、努力をしたことは間違いがないのですが、性に合わなかったのでしょう。早々にギブアップしました。
それからwebデザイナーの会社に転職しました。それから5年たち、離職し、現在フリーで働いています。営業に比べれば、ずっと中にいますし、新しく人に会うこともありません。同僚はいますが、大して会話をかわすこともありません。挨拶と業務連絡がせいぜいです。とはいえ、わりと好きな職場です。天職というとオーバーですが、少なくとも営業の頃と比べればかなり天国に思えます。いざやってみなければ、その相性は分からないものなのでしょう。そういう意味では早めにそのような場所にたどり着けて幸運だったな、と感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です