シングルマザーの恋愛にとっての2つのネック

2beb84188766ffbecf5ffebc853bb73c_s

私自身、二人の子どもがいるシングルマザーです。出会いがあってもお付き合いに進めない、恋人を作るのが難しいのにはたくさん理由があります。
一番大きな理由は子どもがいるということです。
なぜなら自分にとっては大切な我が子でも、相手からすれば所詮は「知らない男の間にできた子ども」であり、自分の遺伝子は受け継いでいない他人です。
子どもが乳幼児であれば別かもしれませんが、ある程度大きくなっていると人格の形成がすでに出来上がっています。
それを他人である相手の男性が受け入れることが難しい場合も多く、子ども自身が父親でない他人である男性を受け入れることも難しく成り立たないという部分があります。

それにデートをするにしても、子どもだけをおいて母親が出かけることはしづらいですからどうしても子連れになりがちです。そうなるとやはり男性は引いてしまいますし、自分自身も母親というテンションから女性というテンションには切り替えが難しいです。
次に経済的なことがネックにもなります。シングルマザーは子どもを育てて養うだけで精一杯です。デートや自分の身なりに構っていられるように経済的な余裕などありません。こうしたことから男性に頼りがちになりますし、自立した考えの女性がシングルマザーには多いですから、そうした点からも恋人が作るのが難しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です